お客様の税理士に対するニーズに応えます!

お客様が税理士に仕事を依頼する理由は何でしょうか?

会社の設立や税金の申告をしてもらうためでしょうか?極端な話、自分で全てやれば税理士を頼まなくても会社の設立や税金の申告はできると思います。なのに、なぜ、お客様はお金を払ってまで税理士に仕事を依頼するのでしょうか?

私たちは、お客様が税理士に求めているものを次のように考えています。

@ 会計・税務申告の専門家へのアウトソーシングとして

経営者というのは、営業、製作、開発、顧客サービス、広告宣伝など、会社の主となる事業の運営で非常に忙しいものです。特に創業後まもない会社であれば、やることが山のようにあると思います。

そんな中、自分でこつこつ会計や税金の勉強をして日々の帳簿を付けて、給料の計算をして、社会保険事務の手続きや資金繰り対策、総務的な管理を行うのでは、いくつ体があってももたないと思います。

多くのお客様にとっては、会計事務所に報酬を払ってでも本業以外を専門家にアウトソーシングしてしまったほうが、経営者が自分でやるよりも、あるいは、
専属の従業員を1人雇うよりも非常に効率的であるといえると思います。

私たちは、お客様が事業に直接かかわる業務にのみ集中できるよう、お客様の会計・税務・総務的な役割を担う、いわば縁の下の力持ちとしてお役に立てるのではないかと思っています。 


A 会社運営の客観的なアドバイザーとして

経営者というのは、非常に孤独なものです。売り上げ、資金繰り、人事など会社運営上の悩みはつきません。そして、それを会社内の誰にも相談できないという悩みもあります。だってそうですよね、社員の前では弱音なんて吐けませんから。

経営者同士で自分の会社の悩みを相談しても、他の経営者は、自分の会社の全てを分かった上でアドバイスをしてくれるわけではありません。

そんなとき、お客様にとって自分の会社の数字や経営状況を全て分かった上でアドバイスしてくれる税理士という存在が必要になるのではないかと思っています。

私たちは、お客様の経営全般にかかる悩みを、ある時は専門的知識を持つ客観的なアドバイザーとして、またある時は信頼できる友人として、一緒に解決するためのお手伝いをしています。